読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーゴの大学生日記

21歳から底辺大学に入った男です。これから、どんな人生送るのか記録しています

ニート時代について

はてなブログアメーバブログには現ニートや元ニートのブログが無数に存在しており様々な思想を見ることができるため非常に面白い。

 

それを恥じている人や人生の糧として昇華させている人が殆どだ。

 

かくいう俺も三年近く家に引きこもっていたニートだったので、そういったブログにはシンパシーを感じさせる。

 

ここで俺の意見をはっきりさせておくが、引きこもりの経験は人生において不利だし糧にもあまりならないと思う。

だって就職に不利だし世間体だって悪い。多少、他人と違う価値観が得られるかもしれんが、どう考えてもマイナスの方が圧倒的に大きい。

 

そして、大学に行って思い知らされたのは三年間の空白を埋めることは絶望的に厳しいということ。それこそ胃を縮めるほどの努力を数年続けたとしても埋まらないかもしれない大きな空白だ。

 

そんな努力ができる奴はそもそもニートになどならないが遅かれ早かれ人生の膿は除去しなくてはならない。

この世で生きていくなら絶対にだ。

今の俺はポンコツ野郎のヘタレだが、いつしか自分のことを好きになれる日が来るまで努力をし続ける。

人生の汚点を背負いつつ前に進まないと死ぬしか無いからな。